忍者ブログ

ベイビーサポートゼリーってあやしい?副作用は?

ベイビーサポートって、男女の産み分けを考えている方は気になりますよね?でもこれってあやしい?副作用なんかないの?そんなベイビーサポートを「あやしい」「副作用」という側面から調べてみました。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベイビーサポートで産み分けなんてあやしい?でもその確率は気なる…

ベイビーサポートは産み分け成功率をサポートするゼリーです。

もちろん産み分け成功率については、様々な方法や情報があふれています。

ネットで検索するだけで、「食べるものを選んで体質改善」

「昔ながらの中国伝来のカレンダーを使う」「有名な神社に詣でる」などなど

あやしいものから、科学的なものまで情報だけはたくさん出てきます。


科学が進んだ現代でも100%産み分けを成功させる方法はないのです。

これは、倫理的な面もあって詳しく研究されていない事もあると思います。

しかし、科学的な仕組みは解明されているので、

確率のアップはどうやらできそうなのです。


もちろん確率ですから、どこまでいっても100%の成功率はありません。

これをあやしいと言ってしまえばそれまでですが…



ここではベイビーサポートを使った確率アップ方法を説明します。


ベイビーサポートは、膣内をアルカリ性、酸性いずれかに

偏らせる事で男の子になる精子、女の子になる精子、

いずれかを選択的に残す事で産み分け成功率の確率をアップさせるのです。



また、ベイビーサポートを使用するタイミングも重要です。

使用するタイミングとは排卵日を基準としています。

成功率をアップさせるためには排卵日を正確に把握することが

ポイントとなっているのです。



具体的な使用方法としては…


●男の子希望の場合 ベイビーサポートボーイを使用します

排卵日当日に使用します。基本的に排卵日当日は膣内の酸性値は

最低になりアルカリ性に傾きます。

そこに酸性値をさらに下げるゼリーを投入する事で酸性に弱い

男の子になるY精子を助けます。

膣内がアルカリ性に傾むくことで、男の子が産まれる確率を上げるのです。



●女の子希望の場合 ベイビーサポートガールを使用します

使用する日は、排卵日の2日前になります。



排卵日2日前は、まだアルカリ性粘液の分泌が少ない状態です。

そこにゼリーを投入し膣内を酸性に傾けます。

Y精子は酸性に弱く、女の子になるX精子が残りやすくなります。

これで女の子の産まれる確率を上げるのです。



最後に排卵日を正確に把握するには、エコーなどを使った

クリニックの検査がもっとも精度が高いと考えられています。



ベイビーサポートで確率をアップさせる事は可能です。

もっと詳しい説明は公式ホームページに掲載されていますので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。



>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら<<








PR

ベイビーサポート

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]